わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン100 : PFドラッカーの洞察力(11) : 鹿を追う猟師山を見ず

起業レッスン100 : PFドラッカーの洞察力(11) : 鹿を追う猟師山を見ず

起業レッスン100 : PFドラッカーの洞察力(11) : 鹿を追う猟師山を見ず
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 


前回は、<ドラッカーさんの核心にふれる>について話しました。



1.ドラッカー博士は、自分自身のことを<見る者>だと考えている、、、

2.そして、この<見る>は、私たちの日常的な<見る>行為とは異なった性質を持っている、、、

3.このテーマはドラッカーの最も奥深いところにある思想のひとつだ、、、

4.この思想を自分のものにできると、自分を取り巻く景色が異なって見えるようになる、、、ビジネス風景はもちろんのこと、自分の在りかたや生きかたも含めて、、、

5.将来、それが実践面でも精神面でも財産となる、、、


では、、、博士の<見る>と、私たちの日常的な<見る>とは、どう異なっているのでしょうか、、、?


<鹿を追う猟師、山を見ず>という文言があります。

鹿を追う猟師にとって、山はどうでもいいのですね、、、注意は鹿に注がれていなければならない、、、山に気をとられていては、鹿に逃げられてしまう、、、

そして、猟師は、鹿を射止めるために必要な形や動きを見ようとする、、、つまり、見られる鹿は、猟師の眼によってそのように象られているわけです、、、


私たちの日常的な<見る>は、この猟師の眼と同じ性格を持っています。

鹿を追う猟師と同様に、<私>も日常生活のなかで自分にとって必要なものを見ようとし、見られるものは、<私>の眼によって象られているのです。


一方、<猟師は山を見ず>と同様に、<私>も、<私>にとって不要な<山>を見ようとはしません、、、<山>はそこにあってもそれに気づくことはないのです、、、

見られる<鹿>と見られない<山>、、、この関係は習慣によって固定化されます、、、それによって、<私>のまわりは<鹿>で覆いつくされるようになります。

<私>が見る光景は、、、つまり<世界>は、、、<鹿>で埋めつくされて、<山>はその影に沈みこんでしまいます。


<鹿>に幻惑されないで、その影に沈みこんだ<山>を<見る>こと、、、これが、ドラッカー博士の<見る>、、、です。

<鹿>に焦点を固定されていた眼を引き離して、視界に<山>を入れる、、、

<見る>ことを転換する、、、

この転換は、<視覚革命>とも<知覚革命>とも言えるし、また<認識革命>と言ってもいいでしょう。



(続く)



大久保忠男



** 以上は、2016年2月18日配信<起業レッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ