わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン091  : PFドラッカーの洞察力(2) : 予言者ドラッカー

起業レッスン091  : PFドラッカーの洞察力(2) : 予言者ドラッカー

起業レッスン091  : PFドラッカーの洞察力(2) : 予言者ドラッカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 


前回は、<PFドラッカーの洞察力>について話しました。


1.沼地から砂漠に変わるように、私たちが生息する生態系が今未知のものにシフトしつつある。

2.ドラッカー博士は、50年以上も前から、それを<知識産業化社会>と呼び、今ではあたりまえの言葉になっているが、その本当の実態はまだ誰にも見えていない。

3.2030年ごろにその輪郭が明確になるだろうと博士は予見していたが、それまでは、死滅するものと生まれてくるもの、衰退するものと興盛するものの動きが激しくなる。

4.そういう時は、自分がどこに棹さしているのかが見えることが大切になる。

5.そのためには、<洞察力>が重要であり、<洞察力>によって、ミニ起業家の7つ道具の効力がより一層生かされると言える。

6.<洞察力>については、ドラッカー博士の右に出る者はいない。

7.時代の先行きを、常に誰よりも的確に見通すことができ、世間から<予言者>と謳われていたからだ。


これからしばらくの間、ドラッカー博士の洞察力がどのようなものか、なぜ博士は洞察力を持ちえたのか、そういうことについて考えてみましょう。

そして、博士の<洞察力>の幾分かを私たちも身につけましょう。


ドラッカー博士は、多くの識者や世間から、予言者と言われていました。

予言内容は、ビジネスにとどまらない、広範にわたっていました。

<ナチスの台頭><マネジメントの洞察><専門経営者時代の到来><日本の高度経済成長><ソ連の崩壊><高齢化社会と年金基金><知識産業社会の到来><非営利組織の重要性><テクノロジストの未来課題>など。

誰も気づかないうちから、その将来の姿を見通し、そのために今なにを問い、思考し、準備しなければならないかを伝え教えていました。


なぜ、博士の予言は当たるのか?


ドラッカー自身は<自分は予言などしていない、、、現在を見ているに過ぎない>と言ってました。

<現在の中に、すでに起こった未来を見て報告しているだけだ>と。

そう言えば、『すでに起こった未来』というタイトルの本もありましたね。

<すでに起こった未来>についての端的な指針は、人口統計です。

彼は、これをもとにして、来るべき高齢化社会と年金基金の課題を予見しました。

『見えざる革命』を出版したのは、今から40年前です。

当時、誰もこのことを見通していた者はいませんでした。

ドラッカーだけが知る、秘密の情報があったわけではありません。

誰もが知ることのできる一般情報のなかに、彼は<すでに起こった未来>を見たのです。

では、なぜ、彼にだけ、そのようなことが可能だったのか?

特別な情報を有していたのでないのなら、他の人には無いなにか特別な能力を持っていたのか?

そこに、ドラッカーの予言者としての秘密が隠されているのか?



(続く)



大久保忠男



** 以上は、2015年11月26日配信<起業レッスン>の再掲です *
** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ