わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(起業レッスン) > 起業レッスン021 : ミニ起業家物語 − 自前のECを持つ

起業レッスン021 : ミニ起業家物語 − 自前のECを持つ

前回は、<ミニ起業家物語−チームをつくる>を話しました。


プロジェクトベースの仕事をするためには、信頼できるチームが必要なこと、、、

信頼できるチームをつくるためには、チームメイト候補と小さな仕事を共有分担して、能力と信頼度を相互確認すること、、、

そういう活動の蓄積のなかから、次第にチームができてきます。

さて、佐藤さんは、チームメイトになりそうなひとりと出会いました。

それは、web制作のフリーランサーである野中幸恵さん。

佐藤さんは、野中さんを、能力的にも人間的にも信頼できるチームメイトとして見るようになります。

しばらく後に、野中さんは、佐藤さんに、ある提案をしました。



【佐藤真美さんのミニ起業家物語−8】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「オーガニックコットンのECショップをつくりませんか?」

野中さんから佐藤さんへの提案だ。

佐藤さんの会社、(株)エコスタイルは、まだ自前のホームページも持っていない。

会社を紹介するためのホームページが必要不可欠なのはわかっていたが、忙しさにかまけて、なかなか手がつけられなかった。

(株)エコスタイルのECショップができれば、そこで会社紹介も兼ねられるので、一石二鳥だ。


佐藤さんがサイトのコンテンツを用意してくれれば、ECサイト制作や受注・決済・サーバーなどの仕組み一切を、野中さんのほうで引き受けてくれると言う。

日々のメンテナンスも、コンテンツや商品関連の対応は佐藤さん、システム関連の対応は野中さんという分担だ。

鎌倉エコショップと同じ収益シェア方式だが、サーバー費用だけは、佐藤さん持ちという条件。

佐藤さんにとっては、悪い話ではない。

本来なら、ECショップの開設と運用にともなう固定費用(サーバー費用を除いて)が発生する。

また、それ以上に時間や注意を取られることになる。

そうしたことを心配しないで、自前のECサイトを持つことができるのは、ありがたい、、、


最近は、PCでもモバイルでも無料で利用できるECサイトサービスが増えている。
(ヤフーショップも無料となった)

昔にくらべると、EC開設のハードルは随分と低くなった。

しかし、それでも、そういうことに慣れない者にとっては、問題が発生したときの対応など、煩わしいことに変わりはないので、野中さんのようなエキスパートが常時ケアしてくれることは格段に心強い。


EC開設に際して、佐藤さんの準備すべきことは、


1.仕入れ商品の選定と仕入れ条件の折衝・契約

2.商品の価格設定

3.商品の仕様・特徴など説明文の作成

4.商品の写真撮影と写真選定

5.基本事項(会社案内、注文方法、特定商取引法表示、プライバシーポリシー等)の作成

etc.,

上記の内、基本事項に関しては、野中さんが一般的な定型原案を用意してくれるので、佐藤さんは、それに固有情報(会社名や住所など)を加味するだけだ。


、、、ということで、佐藤さんは、まず、仕入れ商品の選定と仕入れ条件の折衝・契約を進めることにする。

仕入先については、現在取引している3社(前職の会社、鎌倉エコショップ、自然化粧品会社)のために活用している既存仕入先が数社ある。

まず、その数社と、新たな仕入れ折衝をはじめたが、折衝に際しては、佐藤さんは、これまでにない仕入れ条件を求めた。

その仕入れ条件は2つあった。

ひとつは、ロット仕入れではなく、一点注文とすること。

ふたつめは、仕入先から顧客への直接配送とすること。

ひとつめのロット仕入れというのは、数個〜10数個単位の定型梱包による注文で、送料や手間などの問題もからんで、通常は一般的な商習慣となっている。

この商習慣を変えて、一個から仕入れられるようにしてほしいという要望である。

配送は、本来であれば、あらかじめ仕入先から(株)エコスタイルに納品され、注文客には(株)エコスタイルから配送されるのが普通だ。

しかし、これも、特別に(株)エコスタイルを通さないで、仕入先から注文客に配送してほしいという要望だ。


いずれも、仕入先(メーカーまたは卸)にとっては、受けたくない条件であり、組織規模の大きなところではまず無理な相談である。

佐藤さんの熱意もあり、ねばり強い折衝によって、小回りのきく1社だけが要望を受け入れてくれた。

そのかわり、仕入れ価格や決済条件などは通常より厳しい数字となった。

価格条件については、将来に実績をあげた上で、あらためて条件見直しをせまるしかない。


ともあれ、仕入先と仕入れ条件が確定したので、佐藤さんは、他の作業に入った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(続きは次回へ)



大久保忠男



** 以上は、2014年1月30日配信<起業レッスン>の再掲です *
  

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ