わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン127 : シフト5  ヘルマンヘッセ『デミアン』2

スピリチュアルレッスン127 : シフト5  ヘルマンヘッセ『デミアン』2

スピリチュアルレッスン127 : シフト5  ヘルマンヘッセ『デミアン』2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<ヘルマンヘッセ『デミアン』>を話しました。


1.<シフト>の姿を力強く描いた小説が、ヘルマンヘッセの『デミアン』。

2.第一次世界大戦が終わった翌年の1919年に発表され、当時のドイツ青年から熱狂的に迎えられたと言われている。

3.ドイツは敗戦で悲惨な状況にあったが、欧州社会自体が19世紀末から瓦解しはじめ、20世紀に入ってから混迷を深めていた。

4.それまで<理性の王国>と謳われていた社会ビジョンの価値観や秩序が崩れて、ドイツ青年は、生きる意味や社会の姿を見失っていた。

5.『デミアン』は、そういう青年たちに、内面世界に向かうことを教えた。

6.こういう一節がある、、、<鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う、、、卵は世界だ、、、生まれようと欲するものは、ひとつの世界を破壊しなければならない>


19世紀型欧州社会に生きる人間のモデルは、バルザック小説群『人間喜劇』に余すところなく描かれています。

そのモデルというのは、個人が社会によってすみずみまで充たされているというものです。

医者は医者らしく、高利貸は高利貸らしく、社会のさまざまな範型が市民として登場します。

しかし、、、社会によってすみずみまで充たされている個人、つまり市民は、社会が崩壊すると、自分も一緒に崩れていきます。

個人は、市民としてのアイデンティティを失い、裸の個人になります。

裸の個人は自立できないので、群集と化します。

そして、、、群集は、宗教的共同体を求め、カリスマを呼び寄せます、、、これがファシズムの到来です。


『デミアン』は、そうした方向とは異なった、もうひとつの人間の在りかたを示しました。

社会が崩壊するなかでも、個人が自立することが可能な方向です。

それを実現するのが、自分のなかでうごめいている<鳥>です。

それは、まだ雛(ひな)であって、卵のなかでようやく目覚めようとしている。

まず、その<鳥>に気づかなければならない。

気づくと、、、鳥は卵の中からぬけ出ようと戦い始める、、、鳥とはなにか?、、、卵とはなにか?


(続く)



** 以上は、2016年9月15日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ