わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン096 : 死についてのワーク(55)  死後の世界17 − プルーフオブヘブン12 - 意識の存続

スピリチュアルレッスン096 : 死についてのワーク(55)  死後の世界17 − プルーフオブヘブン12 - 意識の存続

スピリチュアルレッスン096 : 死についてのワーク(55)  死後の世界17 − プルーフオブヘブン12 - 意識の存続
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



前回は、<死後の世界16:プルーフオブヘブン11-唯物論>について話しました。


1.脳生理学での代表的な考えかたは、ひとつは<心身並行論>と呼ばれるものであり、もうひとつは<脳局在説>と言われているもの。

2.<心身並行論>というのは、心の動きと身体の動きが同じものである、、、つまり意識は脳に還元される、、、という。

3.<脳局在説>というのは、脳の特定の箇所に、ある特定の記憶が保存されているという説、、、この場合は、脳のある部分が損傷を受けると、その部分に貯蔵されていた記憶が消失するというふうに考える。

4.<心身並行論>と<脳局在説>という、このふたつの考えかたは、一般に唯物論と称される。

5.この類の唯物論は、科学的事実というよりも、哲学の一種と考えたほうがよい。

6.医学や心理学における、こうした唯物論的な思考構造は、ベルクソン著『物質と記憶』が刊行された1896年から現代まで、基本的に変わっていない。

7.脳生理学が近年飛躍的に進化し、脳構造の微細なところまで解明されたにもかかわらず、根底となるところは同じ。

8.『物質と記憶』は、これらの考えかたを根底からくつがえしたが、この新しい思想に注目したのはほんの一部の研究者で、大勢はそういうところに関心を持たなかった。

9.今にいたっても、脳についての考えかたは、研究者も一般人も過去の旧態依然とした思想に覆われている。


脳と意識との関係をどのようにとらえるか、、、それによって、死後の世界についての理解が変わってきます。

唯物論のように意識が脳に還元されてしまうと考えるならば、意識自体の存在は認められない、、、物質のみが存在する、、、

そうであれば、死によって脳の消滅とともに、意識も消滅します、、、死後の世界は存在しないと言っていいでしょう。


一方、ベルクソンは、脳の意識との関係を、ハンガーにかかった衣服にたとえて語っていました。

ハンガーが揺れると衣服も揺れるが、ハンガーと衣服は同じものではない、、、衣服はハンガーに還元されない、、、

このように、意識が脳に還元されないのであれば、脳が消滅しても意識の存続の可能性は残ります。


脳についてのベルクソンの考えをもうすこし紹介しましょう。

<脳は記憶を保存するためのものではない、、、脳は記憶を忘れさせるためのものである、、、>

私たちの日常は、、、車が向かってきたらそれを避けなくてはならないし、、、火事に見舞われたら逃げなくてはならない、、、もし、その時に過去の思い出、例えば初恋の甘い一ひとときの記憶にひたっていると、命がいくつあっても足らない、、、

現在に生きるためには、過去の膨大な記憶のなかから、現在に必要な記憶だけを取り出し、残りの記憶は現在から締め出すようにしなければならない、、、

脳はそのための機能として働く、、、だから、脳は記憶を保存するためにあるのではなく、記憶を忘れさせるためにある、、、


では、記憶はどこに保存されるのか?

コップの中の水のように、記憶は何かの中に存在しているのではない、、、

記憶はそれ自体で自動的に保存されるので、器を必要としない、、、

ただ、<現在>を形成する際に、記憶は脳を必要とする、、、というのが、ベルクソンの考えです。



(続く)



** 以上は、2016年2月17日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ