わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > わたしと起業comニューズレター > ニューズレターバックナンバー(スピリチュアルレッスン) > スピリチュアルレッスン033  :  臨死体験

スピリチュアルレッスン033  :  臨死体験

スピリチュアルレッスン033  :  臨死体験
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、<死の危機に直面>について話しました。


<死>は、<わたし>にとって観念に過ぎないこと、、、

しかし、この<死>の観念が、<わたし>を目覚めさせ、ポジティブな力を生みだす場合があること、、、

一例として、ある商社マンが、死の危機に直面したとき、彼の思考、感覚、感情がすべて溶解し、劇的な変化を体験したこと、、、

、、、などです。


さて、死の危機に直面した時に、劇的な変容をとげるというこの事例に、よく似た体験が他でもあります。

それは、<臨死体験>です。

今生から離れて、生と死の中間地点へ向い、此岸から彼岸をかいま見るというもの。


臨死体験自体は、むかしからいろいろ伝えられてきましたが、戦後、Rムーディ、EKロス、Mセイボム、Kリングさんたちの先駆的研究を皮切りに、この40年間ほどで、数え切れないほどの事例が発表されてきました。

それらの体験に科学的信憑性があるのかどうかは、科学者の間でも意見が分かれますが、大切なことは、体験した当の本人が、どのように感じ、それをどのように信じたのかということです。

多くの事例に共通しているのが、臨死体験をした人たちは、それをポジティブにとらえ、その後の人生の転機になったことです。

臨死体験は、光の体験として語られることが多いですね。

また、死者との遭遇も報告されています。

そういう体験をつうじて、次のような、ポジティブな信条と感覚が生まれてくるようです。

死への恐れがやわらいだこと、、、今までの生きかたを見直す契機になったこと、、、生への感動が多くなったこと、、、時間を大切にするようになったこと、、、家族や友人への愛情が深まったこと、、、etc.,

合理的信憑性を追求したい科学者が、臨死体験を科学的な観点から、どのように評価しようとも、そういうこととは別に、当人たちは、このように、かけがえのない体験だと感じているのです。

それが一番大切なポイントです。



大久保忠男



** 以上は、2014年6月11日配信<スピリチュアルレッスン>の再掲です *

** ニューズレター最新版の配信をご希望の方は、こちらからご登録ください
   →  http://www.watashi-kigyou.com/mailmagazine.php



menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ