わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (A)起業の前にチェックする > BtoC [new]

BtoC [new]


BtoCとは、Business to Consumerの略で、企業から一般消費者に向けてのビジネスを示します。主に、電子商取引(EC)の形態のひとつとして語られることが多い名称です。

BtoCは、広義の意味では、さまざまな形態があります。店舗小売業、通信販売業、サービス業、情報提供業、などなど。また、電子商取引(EC)の発展とともにインターネット上に店舗を構え、一般消費者にいろいろな商品を販売するネットショップが多くなってきました。ネットショップでは、ギフトや産直品や日用品などに加えて、ソフトウェアや画像・音楽などのコンテンツを販売するビジネスや、オンラインゲームやオンライントレードのようにサービスを提供する企業も増えています。

BtoCの領域で起業参入するためには、手がけようとしているビジネスにとってのC(消費者)を明確にして、その特性を理解する必要があります。どのようなC(消費者)が価値を認めてお金を支払ってくれるのか、それはどういう人たちなのか、どこにいるのか、など。
そして、Cが明確にできれば、そこに到達するための方法(チャネル、メディアなど)を探求します。インターネットにより、そのためのコストが随分と軽減されるようになりましたので、多くの起業家がネットショップを活用していますが、競合も増えたため、自分のショップを知ってもらい使ってもらうための工夫が一段と求められています。

【参考】BtoCに対して、下記のような名称も使われます。
BtoB・・・企業(Business)→企業(Business)
BtoG・・・企業(Business)→政府公的機関(Government)
BtoE・・・企業(Business)→従業員(Employee)
CtoC・・・一般消費者(Consumer)→一般消費者(Consumer)
BtoBtoC・・企業(Business)→企業(Business)→一般消費者(Consumer)


menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ