わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業相談FAQ > 前に勤めていたところから独立して開業します。担当していたお客さんに独立したお店に来てもらうためにはどうしたらいいでしょうか?

起業相談FAQ

前に勤めていたところから独立して開業します。担当していたお客さんに独立したお店に来てもらうためにはどうしたらいいでしょうか?
前に勤めていたところに離職の理由をどう伝えたのか、またお客様を取り合うような地域に出店するのかどうか、もしそうであれば自分が出店したら前に勤めていたお店の店長がどう思うのか、それによって大きく違います。自分が逆の立場だったらどう思うか、その視点に立つことが大切です。無断で顧客情報をコピーして持ち出して、ダイレクトメールを送るというのは、良心の問題だけでなく、個人情報保護法の観点からも明らかにルール違反です。

お店にお客様がつくというより、その店員の腕につくというような場合(例えば美容師、アロマセラピストなど)は、むしろあなたがいなくなることで困るお客様も必ず出てくるはずです。その場合、お客様の好みなど細かい情報をきちんと後任者に引き継ぐと同時に、店長と話し合ってOKが出れば、「またいずれお知らせするのでよかったらご連絡先を教えていただけますか」とそれぞれのお客様に直接聞いて、オープンした時にご案内をお送りして、あとはどちらを選ぶかをそのお客様に委ねるというのも1つの手です。これまでお世話になったお客様、育ててくれた前のお店にも感謝しつつ、迷惑をかけないような形で独立するように気をつけましょう。
FAQ一覧へ

menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ