わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (B)事業計画をつくるため > パーソナルブランディングについて

パーソナルブランディングについて

企業や商品・製品には様々なブランドがありますが、ブランドの考え方は、私たち個人にも当てはまります。
「その人ならではの強みや価値」を、個人のブランド、パーソナルブランドと呼びます。
例えば、同じ品質、同じ機能の商品を比べた時、多少割高でもお気に入りのブランドの方を選んだ経験はありませんか? 素材や品質、機能、価格に対する判断基準を飛び越え、そのブランドの商品を選ばせてしまう、そういった魅力がブランドのパワーと言えるでしょう。
同じことが個人についても言えます。「〜と言えば○○さん」といった評判を得ている人は、「○○さんに頼めば、きっといい結果が得られる」という期待や信頼を持たれています。すると、おのずと仕事が集まり、その仕事や成果を通じてさらに評判を高めるという良い循環が生まれます。それがパーソナルブランドを築くことの意味です。
ただし、商品・製品ブランドにおいて消費者からのイメージが決め手となっているように、パーソナルブランドも、顧客の評価やイメージによって決まることを忘れてはなりません。
つまり、自分勝手な独りよがりの考えで構築するものではなく、顧客にとって価値や意味があることが大切なのです。

なぜパーソナルブランディングが必要か

インターネットが飛躍的に普及した今、いつでも簡単に知識や情報を得られるようになりました。誰もが知っている知識や情報そのものの価値は薄れ、そこから新たな一手を生み出す力、個人の経験や価値観に基づく発想力へ期待が高まっています。また、インターネットの普及は、情報の共有化とともに個人が情報を簡単に発信できるようになりました。つまり、個人がその輝きを表現する環境がすでに整っている時代なのです。今後、情報を発信する人としない人との差はますます大きくなり、それだけでなく、氾濫する情報の中で、キラリと光るその人ならではのコンテンツを提供できるかどうかが、とても重要になってきます。

どのような人に必要か

パーソナルブランドは特別な人のものではありません。起業家はもちろん、会社や組織に頼らず仕事をしている人(弁護士、会計士、医師、コンサルタント、デザイナー、プログラマー、ライターなど)だけでなく、仕事を通じて、組織・集団・社会に対する価値貢献によって自己実現したいと考える人、または自己実現をめざすすべての人に求められるのがパーソナルブランドではないでしょうか。

パーソナルブランディングのポイント

「自分は誰か」「何をしているのか」「マーケットに対し、どんな価値を提供するのか」 この3つを一貫して発信し、自分自身を他と差別化することがポイントです。理想としては、自分の専門分野に新しいカテゴリーを創造し、誰も提供していない商品やサービスを提供することにより、オンリーワンを実現することです。ひとたび、そのカテゴリーでオンリーワンの地位を確立できれば、信頼性や知名度も高まり、おのずとビジネスチャンスが広がります。


menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ