わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (C)会社設立と開業 > 事務所・店舗の選び方

事務所・店舗の選び方

みなさんは事務所・店舗を構えるとき、借りるか購入するか、どちらにしようと考えていますか。よほど資金に余裕があれば別ですが、一般的には、不動産会社などを通じて事務所等を借りて商売を始めるのが普通でしょう。
事務所・店舗は、どの場所に開くかによって大きく商売に影響を及ぼします。とりわけ、店舗の場合、商売が成功するかどうかは場所によって成否の7割が決まってしまうなどといわれますので、場所選びには細心の注意が必要となります。
なお、事務所等の毎月の賃料は経営上の大きな負担となりがちです。仕事の内容によっては、電話・ファックス・コンピュータが揃っていて、顧客に即座に連絡対応できる状況さえあればいいというケースも考えられます。いきなり事務所等を借りずに、まずは自宅で商売を始められないかどうかも検討してみましょう。

意外にかかる契約時のお金

物件を借りるには、礼金、保証金、不動産会社への手数料がかかります。
保証金は、家賃の滞納や室内の原状回復のために担保として貸し主に差し入れるもので、賃料の数カ月分かかります。解約時には返還されるものですが、いくら返還されるのか、またいつ返還されるのかなど、さまざまな条件があるので事前の確認が必要です。
物件によっては礼金がいらなかったりする場合もあるので、複数の不動産業者をあたって、なるべく多くの物件を見て、納得のいく条件の物件を選びましょう。
保証金や家賃などの費用負担を抑えたいのであれば、レンタルオフィスや、ベンチャー企業などを入居対象にしたインキュベーション施設を利用するのも、ひとつの方法です。いずれも一般的に保証金や賃料が安価に設定されています。都心などのビジネスに便利な場所に、比較的安い費用で事務所等を構えることができますので、一考の価値はあると思います。
立地条件や物件条件など、下図の事務所等を選ぶ際のチェックポイントを参考にしてみてください。

【契約条件を確認しよう】

項目

 

賃料はいくらかかるか?

 

管理費等はいくらかかるか?

 

敷金・礼金・保証金・仲介手数料は?

 

更新条件は?

 

解約条件は?

 

保証金等の返還時期は?

 

原状回復義務は?

 

 

【事務所/店舗選びのポイントは?】

項目

 

駅に近い?

 

交通の便は?

 

主要取引先は近い?

 

駐車場は?

 

人が多く集まる場所?(店舗の場合は特に「立地条件」で成否が7割決まる)

 

近くに競合店は?

 

周囲の環境は?(ビルの中に不審な事務所は入っていないか)

 

採光、風通しは?

 

エアコン、電源の位置は?

 

電力量(アンペア)は問題?

 

電話回線は不足してない?

 

ネット回線(ブロードバンドetc)は引ける?

 

ビルに管理人はいる?

 


menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ