わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (A)起業の前にチェックする > どんなビジネスを手がけますか

どんなビジネスを手がけますか

起業のためのビジネスをどのように選べば良いでしょうか? そのためには、ビジネスの構造と流れを理解しましょう。まず、起業したいものをひとつ選びます。それは、商品でしょうか、それともサービスでしょうか。
例えば、オーガニックコットンのパジャマに興味があるとします。 オリジナルパジャマをてがけたいですか、それとも既存のパジャマを売りたいですか?

製造

オーガニックコットン・パジャマをオリジナルで作りたいのであれば、生地を仕入れて、自社で縫製するか、縫製工場に生産委託します。そして、出来上がった商品を売るための販路を開拓します。

製品仕入

オーガニックコットン・パジャマの既製品を仕入れて売りたいのであれば、メーカーまたは卸業者などの仕入先を見つけることになります。そして、仕入れた商品を販売するための販路を開拓します。

販売

いずれの場合も、販路を開拓しなければなりません。オーガニックコットン・パジャマの販売方法は、いろいろな手段があります。メーカーの立場であれば、まず、小売店や通販カタログを開拓し、商品を卸します。仕入商品の場合は、一般的には、ユーザーに直接販売しなければ、利益が見込めません。ちらしや雑誌広告、ネットショッピング、くちこみなどを活用することになります。

業務

商品が動くと、お金が動きます。商品とお金の動きには、常に情報が伴っています。そして、商品・お金・情報が動くと、それらに関連したさまざまな業務が発生します。情報の動きにかかわる「受発注」業務、お金の動きに関わる「入出金」管理業務、商品の動きに関わる「入出庫」管理業務など。
このように、起業したい商品を調達して、想定しているお客様に届くまでの流れを辿ることで、物流・お金・情報・関連業務をシミュレーションし、それらが交錯するビジネス構造についての概観を得られます。そうすることで、起業したい商品やサービスの取扱方によって、どのようなビジネス全体と関わることになるのか、その理解を深めることができるようになるのです。


menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ