わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (E)税金 > 決算申告

決算申告

決算とは会社の事業年度が終了したときに、その期間の経営成績や財務状態を確定させるために帳簿を締め切る手続きのことを言います。決算は企業の経営成績や財務状態などが把握する目的で行われ「損益計算書」「貸借対照表」等の「決算書」で表され、一般的に企業では毎年「年一回の決算」を行います。また決算は、経営者が自社の経営成績や財務内容を把握するためだけではなく、確定申告を行なう際に必要となります。

そして決算が確定したら、事業年度の終了から原則2ヵ月以内に申告書を作成します。それを税務署や都道府県税事務所及び市町村役場に提出し、法人税・住民税・事業税・消費税の納付(還付)を行ないます。

これらの税務申告は、実際には税理士に依頼される人がほとんどだと思います。実際、なかなかむずかしい面も多いので、専門家に任せたほうがいいでしょう。
決算の内容によって当期の納税額が変わったり、翌期以降の節税の対策が事前に必要な場合などもあります。その意味で決算処理は、重要な作業です。
決算の数カ月前には当期の決算の予測を行なって、適切な決算対策が取れるように、早めに税理士に相談してください。


menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ