わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
  トップ > 起業お役立ち事典 > (A)起業の前にチェックする > 起業を具体的にイメージする6W2H

起業を具体的にイメージする6W2H

起業する際には、ただ漠然と起業したいと思っているだけでは、いつまでたっても、何をどうすればいいのかわかりません。
まずは独立開業の全体を整理してみて、その上で着実に一つひとつをどうするかを考え、どのような仕事をスタートさせるのかを具体化していく必要があります。
独立開業の全体の整理に役立つのが、よくいわれる「6W2H」、つまり、why(なぜ)・who(誰が)・what(何を)・when(いつ)・whom(誰に)・where(どこで)・how(どのように)・how much(いくら)です。
図に示したように、独立開業の全体を、6W2Hの8つの要素に分解して、どのような目的で事業を始めるのか、何を誰に売って利益を出していくつもりなのか、といったことを一つひとつ具体的にイメージすることにより、独立開業がより現実性を帯びてきます。

【起業計画の骨子となる「6W2H」作成表 】

why(なぜ)

事業を始める理由、目的

who(誰が)

経営主体、業種経験、パートナーは?

what(何を)

業種・業態、商品(メニュー)

when(いつ)

いつから(開業年月日)

whom(誰に)

市場・ターゲット顧客、顧客特性など

where(どこで)

立地条件、店舗・事務所の場所

how(どのように)

商売のやり方、事業規模、商品や
サービスの提供方法、販売形態

how much(いくら)

収支計画は? 必要資金・自己資金・
設備資金・運転資金の額と見込み

また、「関連リンク集」には、「女性と仕事の未来館」、「(財)21世紀職業財団」、「女性起業家向けメンター紹介サービス事業」等、起業前の方から既に起業した方にお役に立つ情報(起業セミナー、仕事と家庭生活の両立、相談等)が一杯つまったサイトがズラリと並んでおり、こうしたサイトをご覧になることも、起業のイメージづくりに役立ちます。


menu



新着
2/2
スピリチュアルレッスン「シフト7 Sジョブズ 2」バックナンバーを更新しました。








ニュースレター

起業を志す女性に向けて、事務局長の大久保と起業エキスパートが、起業や自己革新に関する最新情報をお送りします。[詳細]

アドレス
メール講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、 メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

sm01 sm02 sm02 sm02

(C) ネット&コミュニティ研究所      プライバシーポリシー運営主体サイトマップ