わたしらしい仕事をつくり、ワークライフバランスを実現するための女性の起業を応援します
    トップ > 新米女性起業家の起業日誌 > 起業後ブログ(ブログB)カテゴリページ

家族・友人
最終回です!!
(商品・サービス, セルフチェック, キャリア, 家族・友人, 本・学習, 夢, その他) 03月05日

みなさん、こんにちは。

昨年の9月から始まった「新米起業家の起業日誌」もついに最終回を迎えました。

何を書こう?何を伝えたい?どう書けば?

書くべきか?書かぬべきか?いや、書こう・・・。

他者が読むと思うとプレッシャーも感じられ。

ブログを書くことが初挑戦だった私。

自分の心をOPENにすることは、葛藤であり格闘でした。

ようやく慣れてきたと思ったら、今日を迎え・・・(笑)。

みなさんに役立つ情報だったのか!?

元気や希望を与えられる内容になっていたのか!?

私のブログを読んでいる人は、少なくてもその人の人生の貴重な時間を頂いていることになります。

それだけでも、とてもありがたい奇跡です。

思えば起業してからは、自分への問いかけと確認作業の連続でした。

ブログを書いた直後(入稿)とサイトにupされてから読み返すと、また違う感情がわいてきます。

私の活動日誌よりも、そこにアドバイスを加えていく吉枝さんはどれほど大変だったことか。

その人の考えや価値観にふれ、コメントする・・・とても難しいことです。

すらすら書けた時もあれば、とにかく時間を要した時もありました。

書いた内容に自信がない時もありました。

気分が落ち込んでいる時に書いた時もありました。

吉枝さんはいつも承認の姿勢でコメントしてくれました。

毎回の質問にも丁寧に答えてくれました。

優しさと軽やかさの中に、自立した大人の女性としての視点。

言葉のひとつひとつから見えてくる素晴らしい人間性。

吉枝さんの他にも、

「ブログ読んだよ!」「頑張れよ!」・・・声をかけて下さる温かい周囲の声。

本当に励まされました。幸せを実感できました。

26回.jpg

この半年間、休むことなくブログを継続できたこと・・・それは自分の人生においてまた一歩自信につながりました。

近い未来、また私は変化をしていくでしょう。

会社としてなのか、個人としてなのか。

変化を楽しめる人間になりたいです。

その時、その時の自分の気持ちに素直でありたいと思います。

当たり前ですが、人生を大切に過ごしていきたい。

自分との付き合いは一生続きます。

もっともっと自分の人生を信頼すること。

もっともっと新しい自分を発見していくこと。

「起業してみたいっ!!」

もしその気持ちがあるのなら、やってみたらいかがでしょうか?

会社勤めでは出来ない、何かを成し遂げたい・生み出したいという熱い思いがあれば。

これは吉枝さんのコメントにもありましたね。

いつかどこかで

「起業日誌を書いていた藤原さんではないですか!?」

と声をかけてもらえる出会いに遭遇できたら嬉しいです。

今までは起業をテーマにしたブログを書いてきましたが、今後はアメブロに移行します。
(昨年以来、ちょっとおサボリしていました。)

テーマはまた検討して、アメブロ内で発表しますね。

本当にありがとうございました!!

感謝をこめて・・・。

 

個別ページへ

友人の相談
(セルフチェック, キャリア, 家族・友人, その他) 02月26日

みなさん、こんにちは。

最近、友人から仕事のことで悩んでいると連絡を受けました。

「できれば転職したい」と。

去年のゴールデンウィーク以来・・・久しぶりに会う友人。

順調そうに見えたのに・・・。

「どうしたの?」「何で転職したいの?」と喉まで出かかる。

しかし、彼女の疲れた表情を見ると聞き出すタイミングを逃してしまいました。

逆に「さゆりはどう?」と聞かれ、

「いやぁ、大変よぉ。でも、従業員を抱えていないから、なんとかね・・・」

コーヒーを飲みながら、お互いなんとなく核心に触れる話ができない。

「そう言えば、この前付き合っていた人とは結婚しないの?」

ちょっと違う話題を振ってみたり。

「彼もいよいよ仕事が危ないんだよね・・・もともと年収も低いから、結婚したら大変だなぁ~とは思っているんだけど」

こんなところからも彼女は転職したいのかなぁ~と思いつつ、

「そうかぁ・・・」ひとまずうなずく私。

「さゆりは結婚とかは?子供とかほしくないの?」と、彼女からの質問。

「いや、したいよ~。子供もひとり位はなぁ~って。でも子供が20歳の時に、自分の年齢を考えるとゾッとしちゃうけどね。ベビーカー押す体力があるのかなぁって。」

少し笑いを交えて答えた。

すると彼女はようやくリラックスしたのか、

「実はね~」と話を切り出した。

25回.jpg

「もう会社、辞めたいの。職場の上司が「まだか?まだか?」と、結婚だの出産だの、とにかくうるさくって!!」

お酒が入ると更にパワーアップし、

「俺の話をバカにして聞いていると、一生後悔する!」「女の幸せは・・・」と熱弁をふるうとか。

そんな上司が職場にいたら、さすがに疲れるだろう。顔を見るのもイヤだろう。

はっきり言って、大きなお世話だとも思う。

結婚していない・出産していないことが、そんなに悪いか!?不幸せなことか!?

怒りがこみ上げてくる彼女の気持ちも分かる。

結婚したい相手がいても、お互いが踏み出せない事情だってある。

そんな時の実際の彼女の行動はどうか?

納得のいかない上司の言葉にも「ありがとうございます」と、無理な笑顔をつくってしまう。

それは疲れて当然。

ここまで言われているのに!?・・・でも、部下として良く見られたいという矛盾した気持ちも分かる。

私も起業した時、ある男性に言われた言葉が印象に残っています。

「へぇ~、起業したんだ!結婚より、仕事かぁ・・・男性を必要としてないでしょ!?」

ぜんぜんそんなことないのにっ!!勝手なことを言うものだ!!

今も昔も、この類の話題で女性は常に悩まされる。

彼女の上司はセクハラに値する時代錯誤な言葉・・・でも、どこか痛いところつかれているかも!?と思ったり。

今の自分の生き方に自信を持っていれば、過剰に受け止めることもないのだろうけど。

自分の人生なんだから、自分の好きなように生きたい。

でも体裁という見えない巨大なプレッシャーがつきまとう。

日々、人と顔を合わせ、人の目にさらされて集団生活している以上、きっとこの体裁という厄介なモンスターと戦いながら、いろいろと決断・選択していくのだろう。

仕事なんだから、悩むなら仕事のことだけで悩みたい。

その人の生き方までを無責任に攻撃されて、その結果、仕事から・職場から離れたいと思ってしまうことは辛いこと。

仕事は“何をやるか?”が重要、“誰とやるか?”もやはり重要か。

その日はひとまず、彼女の怒りの話(気持ち)を聞いて終わりました。

彼女がその上司とどう向き合って、今の仕事に・職場にどんな決断・選択を下すのかを注目しています。

私にとっても非常に考えさせられる時間でした。

【メンター吉枝さんへの質問】
女性にとって仕事・結婚・出産・子育て・介護と悩めるテーマが多いですが、吉枝さんが知る元気が出る取り組み事例があれば教えて頂けますでしょうか?
よろしくお願い致します。

個別ページへ

2009年の振り返り
(家族・友人, セルフチェック, 商品・サービス, その他) 12月29日

みなさん、こんにちは。

なんと、今回が年内最後のブログとなりました!

もちろん、藤原さゆり奮闘記は来年もまだまだ続きますよー(^0^)

9月にブログを書き始めて、4ヶ月が過ぎました。(早いっ!!)

みなさんの参考になることが書けているだろうか!?稚拙な文章ではないだろうか!?

最初は心配しながら迷いながら書いていましたが、温かい読者のみなさん・メンターの吉枝さん・先輩起業家の方々に支えられ、元気にブログを書き続けることが出来ました。

本当にありがとうございました!!(涙)。

さて2009年。年末になると、誰もが今年は・・・なんて振り返りますよね。

みなさんはどんな1年でしたか?

1年は短い。でも、いろいろあったような。

パッと思いつくことをあげてみると、

1、マンションの更新に伴い引っ越した(・・・といっても近所なんですが)

2、起業した(これがやっぱりNO.1ですね。新しい出会いにも感謝です)

3、ブログを始めた(このアナログな私が・・・)

4、メンタルヘルスの勉強に励んだ(うつ病がどんどん増える日本、心配です)

5、長らく(子ども頃以来)会っていない親族に会った(すっかり大人になったね!と言われてしまいました。お互いが健康で再会できることは幸せですね)

6、ゴルフを始めた(来年はもっと巧くなりたいっ!)

7、週1回、夜マラソンを始めた(運動不足の解消と頭もスッキリして良いですよ~)

8、香港に行った(海外は3年ぶりでした)

9、25年ぶりに嫌いだった“うなぎ”を食べてみた(山椒かけると案外大丈夫でした)

10、20年ぶりに膀胱炎になった(あの微妙な痛み・・・、疲れ・ストレスからもなるそうです、注意!)

11、久しぶりに体重計に乗ったら7キロ痩せていた(胃が小さくなり!?未だかつてない小食・・・以前が食べ過ぎ)


小さなことから大きなことまでいろいろあった2009年・・・17.jpg

そう言えば、京都の清水寺で年末恒例になっている“その年を表す漢字一文字”は「新」という字でしたね。

私の場合は!?
「焦」とか「惑」でしょうか。

どっちの一文字もあまり良くないですよね~。

そうなんです!

私にとって、今年は反省の多き1年だったのです。

起業したことは自分らしさの追求でした・・・が、心の底に「焦」「惑」という気持ちがあったことで、行動しながらも地に足がついていないような気がしていました。

なんと表現したらいいのか、いつもに比べて鈍くさい感じがしていたのです。

いつもなら行動が先で、あとからいろいろ考えるタイプ。

今年は考えても行動に移さない、考えても結論を出さない・・・中途半端なことを度々してしまいました。

迷いながらとった行動の結果が「暖簾に腕押し」的な。

あぁ、自分ってダメだなぁ・・・と思ってみたり。

メンタルヘルス的には、「ダメな自分があってもいいよね」と思わないとぉ~。

とりあえずいろいろあった自分に「お疲れ様」と激励しつつ・・・

来年はどんな年にしたいか!?は、新年1回目のブログで書きますね。

みなさんも良い2010年を迎えてください。


《メンター吉枝さんへの質問》
起業を志す女性や私のような新米起業家をたくさん支援されてきた吉枝さん。
心温まるアドバイス・・・いつも本当にありがとうございました。
2009年はどんな印象をお持ちでしょうか?


 

個別ページへ

クリスマス
(セルフチェック, キャリア, 家族・友人, その他) 12月23日

みなさん、こんにちは。

さぁ、クリスマス!

表参道のイルミネーションも復活など・・・

有名スポットは、初詣状態!?の人・人・人で大賑わいでしょうね~

しかし近所を見渡してみると、去年よりも幾分装飾が控えめな気が。

やはり不況の影響でしょうか?

先日香港・マカオに行きました。

超高層ビル群が立ち並び、レーザー光線の乱舞!

ド派手な光と音のファンタジーショーが毎晩開催!

マカオのカジノはラスベガスの売上を抜いたようで、街全体にエネルギーがみなぎっていました。

私は残念ながらスケジュールの都合上、カジノは体験せず。

ギラギラのバブリーな光景を外から眺めるのみ!

日本よりも香港・マカオの方が、確実に元気が感じられた(汗)。

く、く、悔しい~。

個人で仕事をしていると、お客様から「休みはいつなの?」と聞かれることがよくあります。

店舗経営であれば定休日を設けられますが、私のような人材サービスは仕事がなければお休みといった不規則になりがちです。

常にマグロのように、グルグルと泳ぎまわっている。

今は幸いにお客様も土日お休みが多いので、私も休ませてもらっています。

振り返るとクリスマスも仕事・・・しかも出張で地方にいることも度々ありました。

サービス業のお客様から依頼を請けて、クリスマスの応対品質QSC(Q=Quality、S=Service、C=Clean)を調査。

狭いビジネスホテルでパソコンに向き合い、レポート作成でカタカタとキーボードの音だけで過ごす聖夜・・・さみしい~。

クリスマス、予定がないよりもいいか!?っと慰めてみたり(笑)。

16.jpg

出張が多くて彼氏にフラれたこともありました。

その頃は月の2/3が出張で、日曜日の夜も翌日の朝から仕事のため移動。

お休みは土曜日のみでお互いのスケジュールが合わないと、また出張に旅立つ的な。

「フラレた理由を出張が多かったから」などと言いつつ、実は私に心の余裕(相手への思いやり)がなかったからだと思います。

個人で仕事をしていると、日頃からあれやこれや・・・と考えているうちに、大切なことのはずなのに、優先順位が下がってしまっていることってよくあったり。

反省~。

みなさんはうまくやられているのかもしれませんね~(^0^)

忙しい中でも「会う」「連絡を取る」、短い時間でもこの基本的なコミュニケーションが大切だなぁと実感。

「分かってくれているはず!?」という思い込みや甘えはダメダメ。

なので、良好な人間関係を構築するためにも、仕事とプライベートのバランスが重要。

プライベートのこともしっかり考えられる余力を残しながら仕事をすること!

今年のクリスマスは企画書や年賀状を作成しつつ、夜はちゃんとプライベートを楽しもうっ!って考えています。

って、言いながら、夜まで仕事していないように注意・・・注意(笑)。

最近ではワークライフバランスなり、ワークライフマネジメント、ワークライフハーモーニーなど、いろいろ関連する言葉が生まれていますが・・・。

《メンター吉枝さんへの質問》
仕事にまつわるクリスマスのエピソードはございますか?

 

個別ページへ

ブログカテゴリ一覧 最新の記事
メルマガ講座

起業までに必要な基礎知識を段階的に学ぶことができるように、メルマガを配信します。毎週1回、全36回の配信です。無料。 [詳細]

アドレス:

(C) ネット&コミュニティ研究所    プライバシーポリシー運営主体サイトマップ [edit]